FC2ブログ

プロフィール

渡邊布帛工業(株)企画室

Author:渡邊布帛工業(株)企画室
閲覧ありがとうございます。
渡辺布帛工業株式会社
企画室 Web担当です。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


カウンター


リンク


検索フォーム

QRコード

QR

Twitter

ログキャビン・シートの使い方

ログキャビン・シート』の使い方をご紹介します。

『ログキャビン』とは、キルトの代表的なパターンの一つで、
中心の正方形を囲むように、細長い布をぐるぐると縫い付けていきます。
仕上がりが丸太小屋の木組みの様に見える所から、この名前が付きました。

ログキャビン・シートは、布の表面にこのログキャビンのパターンが印刷されています。
数字は縫う順番を表しています。※こちらの面が作品の裏になります。
2013092701.jpg

縫い始める前に、あらかじめ布を配置する場所をイメージしておくと、
作業がしやすくなります。
今回は、濃い色の布と、薄い色の2種類の生地でご説明します。
2013092702.jpg


1)濃い色の布と薄い色の布の二種類を3.5cm幅(たち切り)のテープ状にカットします。
長さは25~30cm位が作業しやすいと思います。
濃い色の布と薄い色の布を、それぞれ5~6枚用意します。
2013092703.jpg

2)ログキャビンシートの印刷されている面を裏返し、
3.5cm角にカットした濃い色の布を中心のAの位置に乗せ、
その上に3.5cm角にカットした薄い色の布を中表になるように重ね、
まち針で止めておきます。
2013092704.jpg

3)ログキャビンシートを印刷されている面に返し、
Aと1の間の線を3枚一緒に縫います。
2013092705.jpg

4)ログキャビンシートの印刷されている面を裏返し、
薄い色の布を1の方向に起こします。
布を起こした後はアイロンでしっかりくせづけしておくと仕上がりがきれいです。
2013092706.jpg

5)Aと1の布の上に薄い色の布を中表に重ね、まち針で止めておきます。
2013092707.jpg

6)ログキャビンシートを印刷されている面に返し、
2の内側の線(A・1と接している線)を縫います。
2013092708.jpg

7)ログキャビンシートの印刷されている面を裏返し、
薄い色の布を2の方向に起こします。残った布はカットします。
2013092709.jpg

8)Aと2の布の上に濃い色の布を中表に重ね、まち針で止めておきます。
2013092710.jpg

9)ログキャビンシートを印刷されている面に返し、
3の内側の線(A・2と接している線)を縫います。
2013092711.jpg

10)ログキャビンシートの印刷されている面を裏返し、
薄い色の布を3の方向に起こします。残った布はカットします。
2013092712.jpg

11)A・1・3の布の上に濃い色の布を中表に重ね、まち針で止めておきます。
2013092713.jpg

12)ログキャビンシートを印刷されている面に返し、
4の内側の線(A・1・3と接している線)を縫います。
2013092714.jpg

13)ログキャビンシートの印刷されている面を裏返し、
濃い色の布を4の方向に起こします。残った布はカットします。
2013092715.jpg

14)これで、中心のAと、1~4まで縫えました。
2013092716.jpg

15)同じ要領で5~16まで番号順に縫うと1ブロックの出来上がりです。
2013092717.jpg

数ブロック作って、お好みでクッションカバーやバッグなどに仕上げます。
シートの向きや使用する布の濃淡を変えればデザインも自由自在!
2013092718.jpg2013092719.jpg


商品の詳細は弊社ホームページに掲載しております。
商品についてのお問い合わせはこちらまで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://watanabefuhaku.blog.fc2.com/tb.php/37-3e1d0071

 | ホーム |  page top