FC2ブログ

プロフィール

渡邊布帛工業(株)企画室

Author:渡邊布帛工業(株)企画室
閲覧ありがとうございます。
渡辺布帛工業株式会社
企画室 Web担当です。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


カウンター


リンク


検索フォーム

QRコード

QR

Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックカバーの作り方(文庫本サイズ)

まっすぐ縫うだけで簡単に仕上がる文庫本サイズ用のブックカバーの作り方です。
布のサイズを変えれば、新書サイズや教科書サイズのカバーも作成できますよ♪
布を変えて色々なサイズを作ってみてくださいね

【用意する布寸法の出し方】
本の縦寸法+余裕分1㎝、本の横寸法(本の前面+後面+厚み)+余裕分1㎝、
表紙差込み分(左6㎝+右6㎝)に、縫代分を足して布を裁ちます
※余裕分の寸法は、使用する布の素材や入れる本の厚みに合わせて調節して下さい


1.縦18㎝×横37.5㎝の布を2枚用意します。(縫代1㎝込の寸法です)
  2枚とも、布の裏に布端から7㎝の所に線を引いておきます。
ブックカバー01

2.2枚の布を、それぞれの表同士が内側で重なるように合わせ、左右を縫い合わせます。
ブックカバー02

3.縫い終わったら、1で引いた線で折り、左右の端を内側に折りこみます。
ブックカバー03
ブックカバー04

4.上下を縫い合わせます。この時、下部分は返し口用に5㎝くらい縫わずに開けておきます。
ブックカバー05

5.四隅の角を切り落とします。※糸を切らないように注意!
ブックカバー06

6.返し口から表に返します。
ブックカバー07

7.返し口を縫い閉じれば完成!
簡単に済ませたい場合は、返し口にアイロン接着テープ
 「ダイナックテープ」「ラックテープ」を挟んで上からアイロンを当ててもOK!
ブックカバー08

柄布で作成してもいいですが、
無地布で作ってアップリケをつけるのも可愛いですよ♪


アップリケは両面熱接着シートを使えば簡単にできちゃいます♪
ここでは当社商品の「ラックシート」を使ってご説明しますね。

ラックシートは紙付の両面熱接着シートです。
はくり紙が付いているので、片面ずつ接着できます。
サイズ:50cm×50cm
2013060502.jpg

適当な大きさにカットしたラックシートの紙の面に、
デザインを反転させて写し取ります。
ラックアップリケ01

アップリケ用の生地(今回は綿100%の生地を使いました)の裏に、
デザインを写し取ったラックシートを貼ります。
ラックシートのザラザラしている面が布の裏面と重なるように置きます。
はくり紙の上からアイロンをあて、ラックシートをプリント布に接着させます。
ラックアップリケ02
※アイロンの温度は140~160℃に設定します。やけどには充分ご注意ください。
※アイロンを滑らせるとラックシートがずれてしまう場合があるので、アイロンは上から押さえるようにあててください。

アイロンの熱が冷めたら、デザイン通りに切り抜きます。
ラックアップリケ03

ラックシートの紙をゆっくりはがすと、糊の面が出てきます。
ラックアップリケ04

糊の面を接着したい生地にあてて、上からアイロンで接着します。
ラックアップリケ05
※アイロンの温度は140~160℃に設定します。やけどには充分ご注意ください。
※アイロンを滑らせるとラックシートがずれてしまう場合があるので、アイロンは上から押さえるようにあててください。

アイロンの熱が冷めたらアップリケ完了です!
ラックアップリケ06

手づくりのポケットティッシュカバーにアップリケしても可愛いかも♪
http://watanabefuhaku.blog.fc2.com/blog-entry-87.html
ラックアップリケ07


両面熱接着シートの使い方は、以下の記事も参考にしてくださいね
ラックシートの使い方 【市販のプリント布を使う】
http://watanabefuhaku.blog.fc2.com/blog-entry-77.html
ラックシートの使い方 【イラストや写真を専用の布にプリントする】
http://watanabefuhaku.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

【ラックシート 使用上のご注意】
・洗濯OKですが、頻繁に洗濯するとはがれる場合があります。その時はラックテープ、
 ダイナックテープなどで再度接着されるか縫い付ける事をお勧めします。
・表面に撥水加工がされているものなど、生地によっては接着しづらい場合もあります。
・生地によっては切りづらかったり、布端がほつれてくる場合もありますので、
 まずは端切れなどでお試し頂いた方が安心です。



**********
商品の詳細は弊社ホームページに掲載しております。
商品についてのお問い合わせはこちらまで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://watanabefuhaku.blog.fc2.com/tb.php/63-824340ea

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。